【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お知らせ】「つくろい東京ファンド~住まいのない人に安心して暮らせるシェルターを!」 | メイン | 【猫の写真】この頃のレオさん »


2014年06月12日

筋トレのブログ「短時間トレーニング」

わたしの筋力トレーニングの先生 SATO さんのブログを紹介します。

短時間トレーニング

スポンサードリンク

SATO さんと知り合ってから、すでに10年余り…。
それにしては、若いぞ!
外見も、考え方も、行動も、SATO さんは若々しい!
わたし(中村)のほうが(ほんの少しだけ)年下なんですが、明らかにわたしより若く見えるんです。
それはどうしてかというと、やはり「筋トレ(筋力トレーニング)効果」が大きいだろうと思います。

短時間トレーニング

短時間トレーニング

筋トレを行なうことで、ホルモン分泌などが活性化し、《脂肪の分解を促進》《細胞の増殖を促す》《骨や筋肉を強くする》することができる。
老化による体のさまざまな機能低下を抑え、アンチエイジング効果や更年期障害予防も期待できる。
これらの効果は、すでに科学的にも解明されています。

より充実した人生を「楽しむ」ためには、筋力トレーニングは大いに役にたつ。
また、筋トレは若い人たちだけのものではない。
むしろ中高年にこそ必要だ。
これらは以前から SATO さんとわたしの共通認識でした。

日本の医学現場での「常識」も、この10年くらいで大きく変わりました。
中高年層に筋トレを勧めるお医者さんはかなり増えてきた。
わたしがたまにジム(公共施設)に行くと、明らかに「シルバーエイジ」の方々が筋トレを実践している姿をよく見かけます。
男性だけでなく、女性も…。

とはいいつつ、わたしは「不肖の弟子」でありまして、筋トレをサボってばかりなのですが。
そのため、身体もだらしなくゆるんだ「オジサン体型」。
「これではいけない!」と奮起してトレーニングを再開するも、それがなかなか継続できず…(汗)。

SATO 師匠が提唱する「短時間トレーニング」は「筋力トレーニングは長時間行なう必要はない。また頻度も『週2回』で OK」というものです(※もちろん、意識を集中して行なう必要があります)。
実際、SATO さんは「30分間のトレーニングを、週2回」実践して、ボディビルコンテストにも出場し、入賞もしています。
やはり、わたしも初心に帰り、師匠から謙虚に学びつつ、「短時間トレーニング」を気長に行おう!
そして人生を楽しむんだ!
と改めて決意するのでした。
これで何度目の決意になるかは覚えていませんが(笑)。
ともあれ、しょうこりもなく「挑戦」し続けたいと思います。

以下は SATO さんとわたしが共同制作した筋力トレーニング関連記事(の一部)です。

Amazon : 筋力トレーニング


投稿者 kihachin : 2014年06月12日 08:00

« 【お知らせ】「つくろい東京ファンド~住まいのない人に安心して暮らせるシェルターを!」 | メイン | 【猫の写真】この頃のレオさん »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5265