【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【直前情報】フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示が始まります(東京・飯田橋「NPOもやい」こもれび荘、2014年07月19日〜09月20日) | メイン | 「男組」8人逮捕は明らかに「やり過ぎ」、わたしも即時釈放を求める署名をしました »


2014年07月19日

『二階堂さんたちの物語』にご来場いただきました皆さま、ありがとうございます

フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示@「NPOもやい」こもれび荘、初日(07/19)を迎えました。
大勢の方たちにいらしていただき、お話しさせていただきました。
皆さま、ありがとうございます。

スポンサードリンク

本日、『二階堂さんたちの物語』にいらしてくれた皆さま、「NPOもやい」スタッフの皆さま、ありがとうございました。
予想していたより多くの方々にご来場いただきました。
それはなにより「にゃんこパワー」のおかげ、「もやい」のコミュニティカフェ「サロン・ド・カフェ こもれび」を立ちあげ維持してきた人たちのおかげです。
わたしの果たしている役割などは、とっても小さなものでしょう。
そのように──淡々と、卑下することなく──認識しています。

以下3枚の写真撮影はわたし(中村)です。
今回写真はクリックしても大きくなりません。

写真展示

猫の写真とストーリーはこんな感じで貼らせてもらっています。
いかにもシロウト臭い展示法ですが、敢えて堂々とドシロウトでいこうと思いました。
また、予算を安くあげることも意識しています。
写真10枚(六つ切りサイズ)+キャプション10枚+挨拶1枚の計21枚の印刷費用が1110円。
これは「もやい」の財政事情を考慮した、安上がり戦略です。


写真展示

こちらも写真展示の様子。
展示の様子を写真に撮っていいか? ウェブに掲載していいか? ということを何人かの方にお尋ねいただきました。
どんなカタチでも Twitter や Facebook、ブログ等でご紹介いただけるのは大歓迎です。わたしは著作権がどうこうとかは言いません〜」とお伝えしています。

ところで、わたしは元々が変わった性格で、さらに近年はますます「人と話すのが苦手」になっています。
今日もお話させていただいた方々に対して、失礼な点、奇矯に思われてもしかたのない面が多々あっただろうと思います。
そのあたりはご海容いただければ幸いです…(汗)。


枝元なほみさんのお料理

この日、こもれび荘を訪れた枝元なほみさん(料理研究家・作家/愛称:ねこちゃん)が差し入れしてくれた、ちまき風春巻き(?)です。
いあわせた幸運な人たちで共に頂きました。
枝元なほみさんは「ホームレス」状態の人が路上で販売する雑誌の「ビッグイシュー基金」理事も務められています。
貧困問題にもずっと以前から地道に関わられてきた方です。
枝元さん、美味しいご馳走を、ありがとうございました。
今日──初めて──挨拶させていただきましたこと、幸いでした。

ご来場の皆さま、「NPOもやい」の皆さま、ありがとうございました。
今後ともぼちぼちとよろしくお願いします〜。

以下【お知らせ】です。
フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示を「特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい」こもれび荘(東京都新宿区新小川町8-20/地図)で開催します。
日程は、2014年07月19日、08月02日、09日、16日、30日、09月06日、13日、20日の各土曜日11時〜17時です。
入場無料。
もし余裕があれば、カフェ・メニュー(ドリンク100円・週替りランチ〈飲み物付き〉350円・デザート〈飲み物付き〉200円など)をオーダーいただければ幸いです。
どうぞ、お気軽にお越しください。

Amazon : 枝元なほみ


投稿者 kihachin : 2014年07月19日 21:32

« 【直前情報】フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示が始まります(東京・飯田橋「NPOもやい」こもれび荘、2014年07月19日〜09月20日) | メイン | 「男組」8人逮捕は明らかに「やり過ぎ」、わたしも即時釈放を求める署名をしました »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5303