【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【再掲】生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」(東京・四谷、2014年07月20日) | メイン | 【お知らせ】《いま、「生きる」が危ない! 生活保護と憲法を考える》(東京・四ツ谷、2014年07月26日) »


2014年07月16日

【猫の写真】公園時代のレオさん(その2)

今はうちの猫となった二階堂レオさんの「公園(野良猫)時代」写真その2です(その1はこちら)。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

レオさんは野良猫二階堂さんの子どもとして、二階堂公園で生まれました(関連記事: 仔猫さんたちと二階堂さん)。
親子むつまじく、すくすくと育ったレオさん。
そして2014年01月20日、生後約6ヵ月のレオさんは我が家の一員になりました(関連記事: 二階堂レオさん、うちの子になる)。
以下6枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

レオさん

二階堂レオさん。公園の植栽の下から外界を偵察中。
この頃、生後2ヵ月ちょっとくらいだったと思います。
わたしは毎日のように二階堂さん親子と顔を合わせるようになっていました。
写真撮影枚数もどんどん増えて行きました。


レオさん

レオさんの目じりと鼻の下がちょっと汚れています。
仔猫の場合、これは危険な兆候です。
ときにいのちにかかわることも…。
けれども、レオさんは丈夫な子でした。
この時も数日後には「けろっ」と元気になりました。


レオさん

レオさん、植栽の中に潜み中。
しっぽを前足にまわしているところが「一丁前」の感じです。


レオさん

レオさん、公園内をちょろちょろ。
お母さん譲りの「しっぽピン!」態勢です。
なんでも、この姿勢は「あなたおともだち。あなただいすき」の気持ちの表れだそうです。
成長して、植栽の外に出てくるようになったレオさんですが…。
悪いヒトに危害を加えられないかと、わたしの心配のタネも増えました。


レオさん

公園のベンチを占拠するレオさん。
このような姿もときどき見かけるようになりました。
わたしもレオさんの脇に腰かけて、至近距離からレオさんを撮影。


レオさん

何度も顔を合わせてうちに、猫のリラックスした表情が撮れるようになる…こともあります(ならないこともあります)。
生後3ヵ月前後くらいのレオさんはいわゆる「かわいい盛り」だったかもしれません。
とはいえ、成長して(現在約1歳)すっかり大猫となったレオさんもやっぱり可愛いのですが(笑)。

公園時代のレオさん(その3)に続く。

【お知らせ】です。
フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示を「特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい」こもれび荘(東京都新宿区新小川町8-20/地図)で開催します。
日程は、2014年07月19日、08月02日、09日、16日、30日、09月06日、13日、20日の各土曜日11時〜17時です。
入場無料。
もし余裕があれば、カフェ・メニュー(ドリンク100円・週替りランチ〈飲み物付き〉350円・デザート〈飲み物付き〉200円など)をオーダーいただければ幸いです。
どうぞ、お気軽にお越しください〜!

「喜八ログ」の二階堂さんたちに関連する記事です。

Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2014年07月16日 08:00

« 【再掲】生活保護問題対策全国会議設立7周年記念集会「”生活保護バッシング”は何をもたらしたのか」(東京・四谷、2014年07月20日) | メイン | 【お知らせ】《いま、「生きる」が危ない! 生活保護と憲法を考える》(東京・四ツ谷、2014年07月26日) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5300