【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 人の評判は案外アテにならない(誠実な人でも、しばしば無責任なことを言う) | メイン | 美女とカラオケ、大汗をかく »


2014年07月28日

【本日】雨宮処凛×安田浩一「ニコ生」対談(2014年07月28日21時〜)

雨宮処凛さん(あまみや かりん/作家)と安田浩一さん(やすだ こういち/ジャーナリスト)の「ニコ生」対談が、2014年07月28日(月)21時〜、行なわれます。
STOP!生活保護基準引き下げ」のなかま村田悠輔さん(むらた ゆうすけ/東京自治問題研究所研究員)も解説者として出演します。

「永住外国人と生活保護法 雨宮処凛×安田浩一」

スポンサードリンク


「永住外国人と生活保護法 雨宮処凛×安田浩一」
2014/07/28(月) 開場:20:57 開演:21:00

日本で生まれ、日本で育ったいわゆる「永住外国人」は、
生活保護法の対象となるのか。
大分市の中国籍の女性が起こした訴えに対し、
最高裁は18日、「外国人は生活保護法の対象ではなく
受給権もない」とする判断を示しました。
この問題について、作家の雨宮処凛さんと
ジャーナリストの安田浩一さんでトークしていただきます。

<出演>

雨宮処凛さん(あまみや かりん)
「反貧困ネットワーク」副代表。
近著に『右翼と左翼はどうちがう?』 (河出文庫)
『生活保護で生きちゃおう! ―崖っぷちのあなた! 死んだらダメです』
(あけび書房・共著)、
『「ポスト戦後」を生きる─繁栄のその先に 』(講談社)
命が踏みにじられる国で、声を上げ続けるということ (創出版)
ツイッター:https://twitter.com/karin_amamiya

雨宮処凛
雨宮処凛さん(撮影: 中村順)


安田浩一さん(やすだ・こういち)
ジャーナリスト
1964年静岡県生まれ。週刊誌記者を経て、フリーライターに。
外国人労働者問題などを取材。
代表作、『ネットと愛国』(講談社)では、
2012年度の講談社ノンフィクション賞と
日本ジャーナリスト会議賞をW受賞。
近著に『ヘイトスピーチとネット右翼』(共著・オークラ出版)、
『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』(共著・三一書房 )がある。

安田浩一
安田浩一さん(撮影: 野神健次郎さん)


村田悠輔さん(むらた・ゆうすけ)
生活保護問題対策全国会議幹事、東京自治問題研究所研究員。


「永住外国人と生活保護法 雨宮処凛×安田浩一」
2014/07/28(月) 開場:20:57 開演:21:00

Amazon : 雨宮処凛


投稿者 kihachin : 2014年07月28日 08:00

« 人の評判は案外アテにならない(誠実な人でも、しばしば無責任なことを言う) | メイン | 美女とカラオケ、大汗をかく »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5312