【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お知らせ】写真と文章の展示《二階堂さんたちの物語》(東京・飯田橋、2014年07月19日から) | メイン | 【お知らせ】《中学生のための「慰安婦」展+》(東京・西早稲田、2014年07月03日〜11月30日) »


2014年07月07日

【猫の写真】ハードボイルドなサムさん、ころころ

ハードボイルドなボス猫サムさんを紹介します。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

以下5枚の写真撮影は中村順(喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

サムさん

サムさん、歩道上でくつろぐ。
彼はこの付近のボス猫格です。
お名前はダシール・ハメット(1894-1961)の古典的ハードボイルド小説『マルタの鷹』(1929)に登場する私立探偵サム・スペードから頂きました。


サムさん

なぜか、突然ころころしてくれる、サムさん。
ちなみに「ころころ」はわたしの造語で「猫が仰向けになり、お腹を見せながら、身体を左右に回転させる」の意味です。
一説には、猫族は相当に信頼した相手にしかコレをしないそうです。


サムさん

ハードボイルドなボス猫だけれど、意外に剽軽なところもある、サムさん。
それにしても猫がのさばっている街角はいいですね。


サムさん

短時間の「ころころ」を突然打ち切り、悠然と去ってゆくサムさん。
こういうところにも「ハードボイルド」のたしなみが現れているようです。


サムさん

かつて、この付近はサムさん・ヒデヨシくん・マサムネくん・そのほかの男子ネコさんたちが角逐する「群雄割拠」の地でした。
いつの頃からか、ヒデヨシくん・マサムネくんは姿を見せなくなり…。
老雄(?)サムさんも穏やかな顔をしていることが多くなったようです。
ちなみに、サムさんは意外にヒトの女性のファンが少なくありません。
そこはかとなく愛嬌と哀愁があるせいかもしれませんね。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : 岩合光昭


投稿者 kihachin : 2014年07月07日 08:00

« 【お知らせ】写真と文章の展示《二階堂さんたちの物語》(東京・飯田橋、2014年07月19日から) | メイン | 【お知らせ】《中学生のための「慰安婦」展+》(東京・西早稲田、2014年07月03日〜11月30日) »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5291