【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 生活保護関連のイベント・集会情報(2014年08月) | メイン | フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示@こもれび荘(2日め)、ありがとうございました! »


2014年08月01日

Tokyo Cat Walking(東京ネコさんぽ)

「東京ネコさんぽ(Tokyo Cat Walking)」計画など、ささやかに練っています。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

最近になって、わたしの猫写真撮影もちょっぴり「テリトリー」を拡げるかな〜?
と思っています。

もともと東京などの見知らぬ街をアテもなくふらふらと彷徨(ほうこう)するのは、若い頃からの趣味のひとつです。
近年は横着になってしまい、やたらに歩きまわるということも少なくなっていますが…。
「ヒトは足からトシをとる(歩くのが億劫になると老けこむ)」とも言いますから、もっと積極的に歩くことにしましょう。

茶トラさん
(※某公園の茶トラさん。写真はクリックすると大きくなります)

都内ではまず以下の地域に赴きたいと思います。

などなど。
猫そのほかの写真を撮影しつつ、たっぷり歩き、たまたま出会ったヒトたちと言葉を交わし(猫とも言葉を交わし)、銭湯で汗を流し、食事…。
みたいなスタイルがいいかな。

カメラもずっとコンパクトばかりを使ってきましたが、この辺で気分を変えて、デジタル一眼レフも使ってみようと思います。
30mm〜35mm、F1.4〜F1.8の明るい単焦点レンズ+小型で軽いボディを考えています。
ニャンコ撮影にはコンパクトカメラのほうがいいかな? とも思います。
ただ、ヒトの特に女性を撮るにはやっぱり一眼レフだな、と先日気づきました。

ところで、わたしは猫だけでなく、動物一般を撮るのが(もしかしたら)ちょっとだけ得意かもしれません(自慢…?笑)。
ずっと以前、フィルムカメラ全盛の時代には、1人で山歩きをして、野生動物を撮影したこともたびたびありました。
山歩きと野生動物撮影も復活させたいな、という「欲」も生じてきました。
それには、まず体力増強から始めないといけないでしょう。
カメラや三脚などの機材を運ぶには、脚力ばかりでなくて、全身を鍛えなおさないと!

やりたいことは色々あるので、わたしの人生「ヒマ」「退屈」はありませんね。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : ウォーキング


投稿者 kihachin : 2014年08月01日 08:00

« 生活保護関連のイベント・集会情報(2014年08月) | メイン | フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示@こもれび荘(2日め)、ありがとうございました! »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5316

このリストは、次のエントリーを参照しています: Tokyo Cat Walking(東京ネコさんぽ):

» 祇園祭「大船鉾」 @ 京都妖怪探訪(371) from 小路のヲタク草紙
[画像]  どうも、こんにちは。  7月31日の「疫神社祭(夏越祭)」で今年の「祇園祭」は終わりですが、あともう1回だけ、祇園祭・山鉾の記事を。  元治元... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年08月01日 17:19