【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お知らせ】白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す』出版記念講演会(東京・四谷、2014年09月29日) | メイン | デング熱対策にともなう代々木公園封鎖に対して「ホームレス総合相談ネットワーク」が意見書を執行しました »


2014年09月12日

【猫の写真】公園時代のレオさん(その4)

我が家のあるじ猫(?)レオさんの「公園(野良猫)時代」写真その4をアップロードします([その1]・[その2]・[その3])。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

レオさんは二階堂さんの子どもで、2013年07月下旬(推定)に、二階堂公園で生まれ落ちました。
二階堂さんたちはいつも一緒にいるような親子でした(関連記事: 仔猫さんたちと二階堂さん etc…当記事後半のリンク集を参照ください)。
そして2014年01月20日、わたし(中村順)は約6ヵ月になったレオさんを家に連れ帰りました(関連記事: 二階堂レオさん、うちの子になる)。
以下6枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

レオさん

二階堂公園で「ころころ」するレオさん。
「ころころ」は「猫が警戒心を解いて、お腹を見せて、横になっている」様子を指す、わたしの造語(?)です。
なお、今回アップロードした6枚の写真は、レオさんが生後約4ヵ月頃のものです。


レオさん

レオさん、「ぶりっ子(死語?)」ポーズ。
公園の水飲み場の近くです。
猫は人間用の水飲みは利用できませんが(蛇口がひねれないので)、近くの植栽の中に水を湛えた容器が隠してあります。
水は、猫サポーターのヒトたち(わたしを含む)が1日に数回以上取り替えています。


レオさん

レオさん、木陰に潜伏中。
この写真は格別にたくましく見えるようですが…。
この頃のレオさん(生後約4ヵ月くらい)はまだ「ひょろひょろ」していて、お母さんの二階堂さんに比べると、まだまだ頼りない感じでした。


レオさん

公園の植栽の奥のほう(公園のはしっこ)で居眠りしたいたところを起こされた、レオさん。
二階堂さん親子はさまざまなヒトたちに見守られています。
この公園付近で寝ている「ホームレス」状態のヒトたち、謎の女性「マリア」さん、「手配師」の人、引退した看護師さんなどなど…。


レオさん

にゃんとも可愛いレオさん。
もう少しすると、立派なオジサンねこになって、あまり可愛がられなくなるかも?」とわたしは思っていたのですが…。
それは杞憂(きゆう)でした(笑)。


レオさん

ベンチの下に隠れるレオさん。
二階堂さんたちはたまに「すりすり」してくれます。
ともに、とても柔らかい毛並です。
冬の底冷えする夜、二階堂さん親子はどこで寝ているのかにゃー?」と日々心配するわたし…。

その5に続きます。

【お知らせ】です。

猫の二階堂さん親子

フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』展示が「特定非営利活動法人 自立生活サポートセンター・もやい」こもれび荘(東京都新宿区新小川町8-20/地図)で開催中です。
日程は、2014年07月19日、08月02日、09日、16日、30日、09月06日、13日、20日の各土曜日11時〜17時。
入場無料。
もし余裕があれば、カフェ・メニュー(ドリンク100円・週替りランチ〈飲み物付き〉350円・デザート〈飲み物付き〉200円など)をオーダーいただければ幸いです。
どうぞ、お気軽にお越しください。

※わたし(中村順)は、09月13日(土)午後1時〜5時、会場の「サロン・ド・カフェ こもれび」に滞在させていただく予定です。
喜八(中村)と話してみたい」という奇特な方が(もし)いらっしゃいましたら、13日のご来場を推奨します。
最終日となる09月20日(土)は、わたしは会場に行けるかどうか、まだ確定していません…(汗)。


「喜八ログ」の二階堂さんたちに関連する記事です。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : ペット用品・猫


投稿者 kihachin : 2014年09月12日 08:00

« 【お知らせ】白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す』出版記念講演会(東京・四谷、2014年09月29日) | メイン | デング熱対策にともなう代々木公園封鎖に対して「ホームレス総合相談ネットワーク」が意見書を執行しました »