【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』全日程が終了、ありがとうございました! | メイン | 【再掲】白井康彦(中日新聞編集委員)『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)出版記念講演会(東京・四谷、2014年09月29日) »


2014年09月22日

【猫の写真】二階堂白源(にかいどう はく げん)

二階堂白源(にかいどう はく げん)」とは、なんだか江戸時代の医師みたいですが…。
二階堂公園で暮らすノラ猫さんたち「BIG3」のお名前列挙です。
また、二階堂さん・ハクさん・ゲンさんの3匹には、わたし(中村)が「耳そうじ」をしてさしあげているという共通項もあります。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

以下3枚の写真撮影はわたし(中村)です
写真はクリックすると大きくなります。

二階堂さん

二階堂さん(別名: アンジェリナ/みーちゃん)。
二階堂公園の「女王」…とごく一部で呼ばれています。
身体能力が──猫としても──きわめて高く、知力抜群、愛情も深い猫さんです。
うちのレオさんのお母さんでもあります。
わたしは二階堂さんのお耳を「濡れ」綿棒で折々に掃除し、ときどき蚤チェックをして(蚤取りようの目の細かい櫛で梳く)、夏季は──月に1回程度──蚤・害虫駆除の薬(後頭部に垂らすタイプ)を投薬しています。
また、公園内に数ヵ所設置した(植栽の中に隠してある)水飲み容器の水を毎日新しいものと交換しています。
加えて最近では、ヒトが散らかしたゴミ(弁当殻・紙くず・空き缶・ペットボトル・タバコの吸殻など)も拾い集めています。
なんという「善人」なのでしょうか、わたしは!(笑)
二階堂さん・ハクさん・ゲンさんたちも、ゴミがあると不愉快だろう」「猫や野宿者のせいにされたら、たまらない」と思いつつ。
なお、にゃんこサポートとゴミ掃除には、なかま(ヒト)も数人います。


ハクさん

ハクさん(別名: ハク十郎/クロ)。
小柄ですけれど、筋肉質で、みっちり身がつまっている印象。
公園では、二階堂さん・ゲンさんよりも「古株」です。
ハクさんも身体能力・知力は高いと思います。
つい最近もハクさん・二階堂さんが鳩を捕まえた現場を目撃しました。
二階堂さんはハクさんをライバル視しています。
子どものレオさんが公園にいた頃、ハクさんによく苛められていましたので。
わたしはつい最近、ハクさんのお耳を「濡れ」綿棒で掃除することに成功しました。
野良猫さんたちはどうしても耳の中が汚れやすく、汚れを放置すると「耳ダニ」が寄生したりしますから、注意が必要なのです。


ゲンさん

ゲンさん(別名: ゴンちゃん)。
公園の3匹の中では新参者。
二階堂さんとハクさんは女子ネコさんですが、ゲンさんは男子です。
性格はおっとりしています。
ゲンさん、この夏は大量の蚤にとりつかれ、一時はかなり痩せてしまいました。
あやういところで、わたしが気づき、櫛で蚤を梳きとり(おかげでわたしも蚤にずいぶん刺されました)、蚤駆除の薬をつけ、どうやらこうやら、蚤の大軍にはお引き取りいただきました。
その後は、体重も順調に増えて、元気を取り戻したゲンさんです。
ただし、その後はわたしのことを(やや)警戒するようになりました(涙)。
まあ、そのうち友好関係は回復するでしょうけれど…。
ゲンさんは耳が汚れやすい体質らしいので、わたしは彼のお耳を「週2回」くらいのペースで掃除しています。

というわけで、今回は二階堂白源(にかいどう はく げん)さんたち耳掃除(その他)の巻でした。
ジャンジャン。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : ペット用品・猫


投稿者 kihachin : 2014年09月22日 08:00

« フォトストーリー『二階堂さんたちの物語』全日程が終了、ありがとうございました! | メイン | 【再掲】白井康彦(中日新聞編集委員)『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)出版記念講演会(東京・四谷、2014年09月29日) »