【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お勧め本】福本容子『なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか』講談社+α新書 | メイン | 【お知らせ】シンポジウム「カジノ解禁推進法案の成立阻止に向けて」(大阪弁護士会館、2014年10月04日) »


2014年09月26日

「NPOもやい」サロンにっきから

「NPOもやい」サロンにっきに猫写真展『二階堂さんたちの物語』について書いていただきました。
執筆者「ぐり」さんの了承を得て、こちらに転載させていただきます。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《略》、7月19日から開催させていただいていた喜八さんの路上の猫写真展『二階堂さんたちの物語』ですが、本日とうとう最終日となりました。
今日も初めましての方が、喜八さんの写真を見に訪れてくださりました。
私自身、写真を見慣れているわけではないのですが、
最近、しみじみ、
写真って、同じ被写体を撮ろうとしても、撮る人によって全く異なる写真になるのだなあということを感じるようになりました。
当たり前といえば当たり前なのかもしれませんが、
カメラという機械であっても、
まるでその人自身の眼を通して、そこに映る被写体を見るような気持ちになり、
その人自身がそこに現れているように感じます。
喜八さんの猫写真もまたしかり。
喜八さんと猫ちゃんたちの長年の信頼関係があるからこそ、
自由な猫ちゃんたちが表現されているのはもちろん、
喜八さんの猫ちゃんたちに対する優しさや、
ありのままの猫ちゃんたちへの愛情が映り込んでいるように感じます。
そして、そんな自然な猫ちゃんたちの写真をみると、
みる側も心がゆるゆるとほぐれるような気持ちになって、
こもれび荘がとても和やかな雰囲気に包まれるのかもしれないなあと感じました。
喜八さんの写真展のおかげで、今年もまた、
はじめてこもれび荘に訪れて下さった方や、写真展を期に久々に訪れて下さった方も多くいらっしゃり、人との縁もつないでくださった喜八さん&猫ちゃんたちに、大変感謝いたします。

さて、 9/27(土)はサロンはお休みです。
次回は、10/4(土)、10/11(土)、10/18(土)です。
そして、10月からは、もやいの交流事業のひとつである『グリーンネックレス』の展示が始まりますよ~~~♪
詳細はまた後日お知らせしますので、
お楽しみに!!

(ぐり)

《※サロンにっきの全文はこちらで》

(★転載終了★)

(※以下は中村です)
こちらこそ「サロン・ド・カフェ こもれび」スタッフを始めとする「NPOもやい」の皆さま、来訪していただいた全ての皆さまに、大変にお世話になりました。
こころより感謝させていただきます。
ありがとうございました。

ところで、わたしが撮る猫写真は、いかにもシロウトっぽいですね(笑)。
でも、「上手い写真を撮ろう」という意識が先走ると──自分の場合は──「あざとく」「卑しく」なってしまいがち?
みたいな気がします。
なので今後も「上手くなろう」という意識は抑え気味にして、淡々と「いのちの記録」を続けようと思います。
「惰性にならず、ひたすら持続すること」。
考えてみると、これがいちばん難しいのかもしれませんが…。

猫の二階堂さん親子

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2014年09月26日 08:00

« 【お勧め本】福本容子『なぜ世界でいま、「ハゲ」がクールなのか』講談社+α新書 | メイン | 【お知らせ】シンポジウム「カジノ解禁推進法案の成立阻止に向けて」(大阪弁護士会館、2014年10月04日) »