【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 物語のタイトルしりとり(その4) | メイン | 【猫の写真】公園時代のレオさん(その4) »


2014年09月11日

【お知らせ】白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す』出版記念講演会(東京・四谷、2014年09月29日)

白井康彦さん(しらい やすひこ/中日新聞編集委員・STOP!生活保護基準引き下げ)の『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)出版記念講演会が、2014年09月29日(月)18時〜20時、東京・四谷の「日司連ホール」(アクセス)で行なわれます。
入場無料
主催は「ホームレス総合相談ネットワーク」です。
※参加希望者はこちらのページの要項にしたがって申し込んでください。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《ビラ画像はクリックすると大きくなります》
白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す』出版記念講演会

《白井康彦 講演会》のご案内

『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)出版記念
 9/29(月)18:00~20:00(開場17:30)
 日司連ホール(新宿区本塩町9―3司法書士会館地下1階/アクセス
講師:白井康彦さん(中日新聞名古屋本社編集局生活部編集委員)
参加無料です。

今回、白井さんの講義を聴いていただいた方には、『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)を無料で進呈します。

主催:ホームレス総合相談ネットワーク

☆参加希望の方は、以下のメールもしくはFAXに「ご氏名・ご所属等」をご連絡ください。
【お申込み・お問い合わせ】
メール:office.noienoie@gmail.com FAX:03-3598-0445 電話:03-3598-0444(マザーシップ司法書士法人 後閑・桑原)

2013年8月から段階的に実施されている生活扶助基準大幅切り下げの根拠にされた物価指数「生活扶助相当CPI」はデタラメ、との批判が強まっています。
今年に入ってから佐賀県、熊本県、愛知県、三重県、埼玉県で提起された生活扶助基準切り下げ処分の取り消しなどを求める訴訟でも、厚労省による物価偽装問題が大きな焦点になる見込みです。
今は物価高。数年前の物価下落率を過大に見積もられ、それを理由にされて生活扶助費を過大にカットされた生活保護受給者は悲惨です。受給者や支援者は「物価偽装はどういうカラクリなのか」をしっかり勉強して、政府・与党へ怒りの声を上げていかねばなりません。

「筆者はあきらめが悪い人間です。「生活扶助相当CPI問題を勉強したい」と考える人を7、8人集めていただければ、日程が許す限り、全国どこへでも講師役を務めに行きたいと考えています。分かってもらえるまで説明したいのです。」
「政府・与党は、生活保護についての誤解が広がっていたのを利用しました。物価を偽装しました。生活保護費を過大カットしました。こうした事実を多くの国民に知ってほしいと願ってやみません。」
『生活保護削減のための物価偽装を糾す』(あけび書房)あとがきより

(★転載終了★)

Amazon : 生活保護


投稿者 kihachin : 2014年09月11日 08:00

« 物語のタイトルしりとり(その4) | メイン | 【猫の写真】公園時代のレオさん(その4) »