【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す!』(あけび書房)を読んでいます | メイン | 【お知らせ】《シンポジウム 「性奴隷」とは何か》(東京・水道橋、2014年10月26日) »


2014年10月15日

【猫の写真】ゲンさん(その2)

ちょっとお年寄りの猫「ゲン」さんを紹介するエントリ第2回です(初回はこちら)。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

以下6枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

ゲンさん

ゲンさんです。
GB公園(仮称)、大木の下で雨宿り中、大あくびの図。
ゲンさんは、もともとは鉄(てっ)ちゃんたちもいる駐車場付近がテリトリーだったのですが、ちょっと離れたこの公園に生活圏を移動させてきました。
あまり強くない猫なので「はじかれた」という面もあるかもしれません。


ゲンさん

ゲンさんは──GB公園に隣接した──二階堂公園にやって来ました。
しばらくの間は2つの公園を行ったり来たり。
そのうちに二階堂公園に住まいを定めました。


ゲンさん

二階堂公園に馴染んでゆく、ゲンさん。
このころはゲンさんを特に可愛がるお兄さん(ヒト)もいました。
それもあって、ゲンさんは二階堂公園定住を決めたのかもしれません。
残念ながら、そのお兄さんはこの夏(2014)猛暑のあたりから公園に来なくなってしまいましたが…。


ゲンさん、二階堂さん

猛暑の午後、ゲンさん(下)と二階堂さん(上)の2ショット。
むむっ、胡乱なやつ!」と、眉をしかめる二階堂さん(?)。
ゲンさん(下)は二階堂さん(上)が好きなようですが…。
二階堂さんはおおむね「猫嫌い」なのです。
両者(に加えてハクさん)は緊張をはらみつつ、共存するのでした。


ゲンさん

4枚目の写真の続きです。
伸び伸びる、ゲンさん。
ゲンさんも「あついよ〜」と言いたかったのかもしれません…。


ゲンさん

こちらも別の猛暑の日に撮影。
二階堂公園の木陰で涼む──スフィンクスのように──威厳あるゲンさん。
「いげんのげん」かも…?(笑)

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : 岩合光昭


投稿者 kihachin : 2014年10月15日 08:00

« 白井康彦『生活保護削減のための物価偽装を糾す!』(あけび書房)を読んでいます | メイン | 【お知らせ】《シンポジウム 「性奴隷」とは何か》(東京・水道橋、2014年10月26日) »