【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お知らせ】《稲葉剛のソーシャルワーク入門講座 貧困の現場から社会を変える 第2回 生活保護》(東京・下北沢、2014年10月25日) | メイン | マイ・ダンベル・セット »


2014年10月23日

【猫の写真】公園時代のレオさん(その5)

うちの「若だんなレオさんが公園で暮らしていたころの写真その5をアップロードします([その1]・[その2]・[その3]・[その4])。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

レオさんは二階堂さんの子どもです。
2013年07月下旬ころに、二階堂公園で誕生しました。
二階堂さんたちはいつも一緒にいる、仲のよい親子でした(関連記事: 仔猫さんたちと二階堂さん etc…当記事後半のリンク集を参照ください)。
わたし(中村順)は、2014年01月20日、約6ヵ月のレオさんを家に連れ帰りました(関連記事: 二階堂レオさん、うちの子になる)。
以下6枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

レオさん

レオさん、仁王立ち!
生後5ヵ月ほどになり、「仔猫」から「若猫」になってきた時期です。


レオさん

レオさん、「ころころ」しつつ、日向ぼっこ。
性格も剽軽なところがあって、かわいい子です(※1歳3ヵ月になった現在も…)。


レオさん

照明塔の根元で、はいポーズ。
にゃんこ写真を撮り続けていて、わたしが気づいたこと。
実も蓋もない言い方ですが、「美に関して、裸のサル(ヒト)はネコには絶対勝てない!」。


レオさん

威風堂々…でもないかな?(笑)
同じ年頃の仔猫さんたちに比べても、明らかに身体の大きいレオさんです。


レオさん

公園の植栽の中、お気に入りの場所で日向ぼっこする、の図。
このとき、右目がちょっと「涙目」、お鼻もズルズルしていました。
食欲も落ちているようで…、「これはまずい!」状況。
が、レオさんは強い体質らしく、数日のうちにすっかり元気になりました。
「ホッ」と一安心する、わたし。


レオさん、二階堂さん

お母さんの二階堂さん(向かって右)と一緒に。
2013年も師走になり、冷え込みも厳しくなってきました。
晴れている昼間、野良猫さんたちは貪欲に日向ぼっこをします。
時間帯によって陽のあたる場所が変わっていき、二階堂さん親子も移動していきます。
わたしも随伴して、写真撮影…。

その6に続きます。

「喜八ログ」の二階堂さんたちに関連する記事です。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2014年10月23日 08:00

« 【お知らせ】《稲葉剛のソーシャルワーク入門講座 貧困の現場から社会を変える 第2回 生活保護》(東京・下北沢、2014年10月25日) | メイン | マイ・ダンベル・セット »