【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お知らせ】《シンポジウム 「性奴隷」とは何か》(東京・水道橋、2014年10月26日) | メイン | 【直前情報】生存権がみえる会《「子どもの貧困」ってなに?シンポジウム&相談会》(三重県津市、2014年10月19日) »


2014年10月17日

町田市内で撮影した写真(5枚)

東京都町田市内で撮影した写真(5枚)をアップロードします(関連する過去記事: 東京都町田市・芹ヶ谷公園)。

スポンサードリンク

以下5枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

富沢商店

富澤商店町田本店。
お菓子・パン作りの材料、乾物などさまざまな食材、調理器具などを販売しています。
その道ではかなり知られている、創業95年の名店です。
町田本店をふくめて全国に40店舗の直営店があります(店舗案内)。
じつはわたし(中村)は「外食より自炊を好ましいと思う」派なので、富澤商店には以前からときどきお世話になっています。


町田駅前

町田には小田急線とJR横浜線の駅があります。
写真は小田急(撮影の背後)とJR(向かって右)にはさまれた駅前の光景。
いつでも人通りが多い空間です。


芹ヶ谷公園

東京都町田市立芹ヶ谷公園案内図 PDF・572KB)。
小田急町田駅から徒歩5分くらいにあります。
名前が示すように谷地形の細長く広い、閑静な公園。


虹と水の広場オブジェ

芹ヶ谷公園内「虹と水の広場」に設置された巨大オブジェ。
これは「噴水」のヴァリエーションなのでしょうか。
いま見ると「バブルの時代の遺跡」みたいな感じも…?


町田市立国際版画美術館

町田市立国際版画美術館は芹ヶ谷公園内の南端にあります。
ここもわたしのお気に入りスポットのひとつです。
この日はたまたま美術館前で市民祭りが開催されていました。

というわけで今回は「日常写真を気負わずに淡々とアップロードする」の巻でした。
お後がよろしいようで…。

Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2014年10月17日 08:00

« 【お知らせ】《シンポジウム 「性奴隷」とは何か》(東京・水道橋、2014年10月26日) | メイン | 【直前情報】生存権がみえる会《「子どもの貧困」ってなに?シンポジウム&相談会》(三重県津市、2014年10月19日) »