【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【転載】「女たちの戦争と平和資料館(wam)」が塩野七生氏と「文藝春秋」編集部に公開質問状 | メイン | 【増補版】生活保護関連のイベント・集会情報(2014年10月) »


2014年10月07日

【猫の写真】ノンさん

果てしなく撮影し続ける猫写真。今回は「ノン」さんを紹介します。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

以下5枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

ノンさん

2011年05月26日撮影。
いつも通る道で、三毛猫さんに出会いました。
ちょっとお疲れ? という感じでした。
当時は東電原発過酷事故以後の「猫も花も人間の子供もより多くの放射能を浴びている」と考えてしまう、ウツウツとした日々…。
この三毛さんを撮影後、わたしは「ネコ写真」に目覚めたらしく、年間8千枚〜1万枚くらいのペースで、猫を撮っています。


ノンさん

2011年06月10日撮影。
この三毛さんはずっと後に「ノン」さんと(勝手に)名付けさせていただきました。
最初は野良猫さんかと思ったのですが…、おそらく家あり猫(飼い猫)さんでしょう。
猫写真撮影を始めた頃は、どの猫を見ても──首輪をしていなければ──野良猫? と思っていました。
その後、わたしも経験を重ねて「猫を見る目」が養われたようです。


ノンさん

2012年11月20日撮影。
1年5ヵ月近くあいだがあいて、ノンさんに邂逅(かいこう)しました。
愛嬌ある「ぺろりん」ポーズ。


ノンさん

2013年06月10日撮影。
植栽に潜むノンさんを発見!
ここはなぜかニャンコさんたちの好きなスポットのようで、これまでもノンさんをふくめて4匹の猫写真を撮影しています。


ノンさん

4枚めと同じ日の撮影。
2年以上前から知りあいのわりには、そっけないノンさん(笑)。
2011年春にノンさんを撮影してから、わたしの猫写真撮影(第2期)が始まりました。
ちなみに(第1期は20年以上前、フィルムカメラの時代でした。
当時に撮影したフィルム写真もそのうちに電子ファイル化しようと思いつつ、なかなか実行できないでいる、怠惰なわたしです…。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2014年10月07日 08:00

« 【転載】「女たちの戦争と平和資料館(wam)」が塩野七生氏と「文藝春秋」編集部に公開質問状 | メイン | 【増補版】生活保護関連のイベント・集会情報(2014年10月) »