【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【猫の写真】すぎちゃん(その2) | メイン | 新聞配達少年だったころ »


2014年11月23日

【お知らせ】深尾葉子さん講演会「日本のタガメ女と、カエル男」(京都キャンパスプラザ、2014年12月13日)

深尾葉子さん(ふかお ようこ/大阪大学大学院経済学研究科準教授)の講演会「日本のタガメ女と、カエル男」が、2014年12月13日(土)13時30分〜、京都キャンパスプラザ5階・第3,4演習室(アクセス)で開催されます。会費はカンパ制だそうです。主催はe未来の会

スポンサードリンク

(★転載開始★)

《※ビラ画像はクリックすると大きくなります》
深尾葉子さん講演会「日本のタガメ女と、カエル男」

e未来の会・12月例会(第2回)
講演会深尾葉子さんをお招きして
「日本のタガメ女と、カエル男」

専業主婦(タガメ女)とサラリーマン(カエル男)カップルに象徴される一見平凡な幸せ家族の意識せざる不幸の共依存関係を鋭くえぐり出し、そんな女男関係を再生産することで成り立つ日本社会の病根に迫ります。
モヤモヤした生きづらさを感じるすべての人、必聴の講演会です。

深尾葉子さん1963年大阪府生まれ。大阪大学大学院経済学研究科経営学系専攻グローバル・マネジメントコース準教授。『日本の社会を埋め尽くすカエル男の末路』、『日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体』『魂の脱植民地化とは何か』など著書多数。

2014年12月13日(土)13時30分〜
キャンパスプラザ5階 第3,4演習室
(地下鉄烏丸線、近鉄京都線、JR各線「京都駅」下車。徒歩5分/アクセス

託児は用意できていませんが、お子様連れ可能な会を考えていますので、ご家族連れでご参加ください。

主催: e未来の会

(★転載終了★)

深尾葉子さんの「タガメ女・カエル男」論の詳細は『日本の男を喰い尽くすタガメ女の正体』 講談社プラスアルファ新書(2013.4)および続編の『日本の社会を埋め尽くすカエル男の末路』(2013.11)をお読みください。

深尾さんの「タガメ女・カエル男」論はウェブでも読めます(無料のユーザ登録が必要です)。

タガメとカエルの男女関係学

以下は「喜八ログ」の紹介記事です。

深尾葉子さんのウェブコラム「タガメとカエルの男女関係学」短期連載(全4回)完了!

また「魂の脱植民地化」についてご興味のある方には、深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社・叢書魂の脱植民地化1(2012)をぜひお読みください。

Amazon : 深尾葉子


投稿者 kihachin : 2014年11月23日 08:00

« 【猫の写真】すぎちゃん(その2) | メイン | 新聞配達少年だったころ »