【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【直前情報】生活保護の院内集会と首相官邸前アクション(東京・永田町、2014年11月05日) | メイン | 緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算 あげろ!生活扶助基準」の報告記事(「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション) »


2014年11月05日

緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算 あげろ!生活扶助基準」が終了しました。ありがとうございました!

本日(11月05日)開催された緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算 あげろ!生活扶助基準」に参加された全ての皆さまに。こころよりお礼を申し上げます。ありがとうございました。

スポンサードリンク

以下2枚の写真撮影はわたし(中村)です。
今回は写真をクリックしても大きくなりません。

院内集会

緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算 あげろ!生活扶助基準」会場の衆議院第一議員会館・多目的ホール。
今回の院内集会には約140名の方々が参加されました。
皆さま、お疲れさまでした!
わたし(中村)は、12時過ぎから13時半まで、議員会館1階入り口で「案内係」として立っていました。
誰でも皆それぞれに忙しいのに、それでも院内集会まで足を運んでくださる。
そんな方たちと顔を合わせ、挨拶をさせていただく。
わたしにとっては或る意味「ぜいたく」な時間だな、と常々思います。
生活保護の問題は今のところ「味方」も少なく、困難は山ほどありますが…。
それでもお互い縁がある同士助けあいつつ、どうにかこうにか戦っていきたい。
「いのちと尊厳をたいせつにしたい」。
しみじみと素朴に、そう思っています。


議員会館

裏側(国会議事堂側と反対側)から見た3つの議員会館。
向かって右から、衆議院第一議員会館、衆議院第二議員会館、参議院会館です。
今回の院内集会は右端の衆院第一議員会館・多目的ホールで開催されました。

わたし個人としてはいろいろと「発見」のある集会でした。
・クルマいすユーザの人たち、および「障害」をもつ人たちから学ぶことは多い。積極的に学ぶべし!(← 自らへの叱咤激励)
・人が集まれば中には体調が悪くなる人もいるはず(わたし自身もそうなることがよくある)。そういう緊急事態への対応を考えておく。
・国会議員さんたち一人ひとりに臆せずアクセスする、意見を伝える、集会にお誘いする。
・わたしは誰をいちばん頼りにしていたのか!
…などなど。
いろいろ気づかされることの多い日でした。

ともあれ。
自分のできること、やりたいことをひとつひとつ実践していくしかない。
わたしはそう生きるしかない(もしかしたら、誰でも?)。
とこれはいつもいつもながら、超ワンパターンのいいぐさなんですけれど(汗)。
真剣にそう思っているのです。

Amazon : 生活保護


投稿者 kihachin : 2014年11月05日 21:00

« 【直前情報】生活保護の院内集会と首相官邸前アクション(東京・永田町、2014年11月05日) | メイン | 緊急院内集会「下げるな!生活保護の住宅扶助基準と冬季加算 あげろ!生活扶助基準」の報告記事(「STOP!生活保護基準引き下げ」アクション) »