【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 安倍「亡国」政権を終了させよう | メイン | 第47回衆議院議員総選挙の結果は、自民「マイナス4議席」 »


2014年12月14日

【本日】第47回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査(2014年12月14日)

さてと、これから投票に行ってきます(わたしは当日投票派です)。

スポンサードリンク

(★転載開始★)

第47回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査

第47回
衆議院議員総選挙
最高裁判所裁判官国民審査

選挙の主役は、私たち。
投票日 12月14日(日)

私たちの代表を、私たちが選ぶのですから。

(★転載終了★)


人生を変えたい? ならば投票に行こう
(「喜八ログ」2014年12月11日)

たいした理由もなく選挙投票の「棄権」をする人は、自分の人生を捨てている
そう思えてならないのです。

もし、「人生を変えたい」「今よりよくしたい」と思うなら(ほとんど全ての人は「思う」のではないでしょうか)。
選挙投票の「棄権」はやめておいたほういいでしょう。
もちろん、断固たる信念・思想のもとに「自分は選挙投票は絶対にしない!」という方は、ご自分の信念・思想に従えばよいと思います。
でも、「面倒くさい」「誰に投票してもおなじ」みたいな理由で棄権するのはやめたほうがいい。
そんなことを続けていたら、決定的にツキを失います。

歴史を俯瞰(ふかん)するならば「普通選挙」というのは無数の人々が必至の努力を続けた上にようやく成立した制度です。
普通選挙実現の運動に関わったがゆえに、弾圧され、逮捕・投獄され、拷問され、殺害された人もけして少なくないのです。
いわば人々の「汗と涙と血」を代償にして実現した制度です。
わたしたち1人ひとりはそんな「人類の遺産」の相続人なのです。

その貴重な遺産を軽んじて、選挙投票の権利を自ら放棄してしまう。
たいした理由もなしに。
こんなことをして、ツキが落ちないわけはありませんね。
無知で傲慢なふるまい、人として最大級の愚行。
そう言われてもしかたがないでしょう。

しばらく前に「選挙投票をしないオトコと付き合ってはいけない」という記事を目にしました。
なるほど、その通りです。
と同時に「オトコだけでなく、オンナおよび『そのほかの性の人』にも当て嵌まる」と思いました。
どんなに外面をつくろった、いわゆる世間で「美人」「美形」と称されるような人物であっても。
たいした理由なく、選挙投票「棄権」をするような人の近くには行きたくない。
人と人とのお付き合いは遠慮します。

生活、人生を変えていきたかったら、選挙投票に行こう。
自分なりにしっかり考えて、信頼できる候補・政党に投票しよう。
それは即効性は少ないかもしれないけれど、自分の生活や人生をより良くしていくための確実な方法ですよ。
衷心(ちゅうしん)より、そう申し上げたい。

Amazon : テッサ・モーリス-スズキ


投稿者 kihachin : 2014年12月14日 08:00

« 安倍「亡国」政権を終了させよう | メイン | 第47回衆議院議員総選挙の結果は、自民「マイナス4議席」 »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5448

このリストは、次のエントリーを参照しています: 【本日】第47回衆議院議員総選挙・最高裁判所裁判官国民審査(2014年12月14日):

» 第47回衆議院議員総選挙の結果は? from 粋なLife styleのススメ~甲斐の虎~
昨日行われた第47回衆議院議員総選挙ですが、結果についてはもうほとんどの方が知っておられるでしょうね! 「アベノミクス(消費税増税問題?)を国民に問う」と銘打っ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2014年12月16日 21:42