【お勧めの本】深尾葉子『魂の脱植民地化とは何か』青灯社(2012) 更新!

« 【お知らせ/転載】「フリーターズフリー」第3号(最終号)が発行されました! | メイン | あけましておめでとうございます »


2014年12月31日

【猫の写真】レオさんは「若旦那」の風情

うちのレオさんは「若だんな」ふうのおっとりした容貌。
生後約半年までは「野良猫」さんでしたが…。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

スポンサードリンク

以下6枚の写真撮影はわたし(中村順=喜八)です。
写真はクリックすると大きくなります。

レオさん

レオさんは「野良猫女王」二階堂さんの長男として生まれ、生後6ヵ月までは公園で暮らしました(関連記事: 二階堂レオさん、うちの子になる)。
それにしては春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)、天下泰平(てんかたいへい)、まさに「若旦那」の風情があります。


レオさん

レオさん、ゆだんしきっています(笑)。
一般にニャンコさんたちは「リラックスの天才」かもしれませんね
「これまで一緒に暮らした歴代のニャンコさんたち(チビタ・喜八・ふくちゃん)もこういう風に寝ていたにゃー」と、しみじみ思い起こしました。


レオさん

レオさん、特大あくび!
こういう猫のあくび姿を見ると、わたしは──おせっかいにも──歯を磨いてあげたくなります。
今のところ、実際に磨いてあげることができるのはレオさんだけですが…。


レオさん

見上げ、レオさん。
このとき、わたしが左手に持ったオモチャで彼の視線を誘導しています。
オモチャは、公園野良猫時代に猫サポーターの女性「マリア」さんにもよく遊んでもらっていた、100円ショップ「ダイソー」のねこじゃらしタイプです。


レオさん

レオさん、風雅な大あくび。
落語に出てくる三代目の若旦那ふうでしょうか。
ちなみにレオさん、体格は大柄です。
わたしが一緒に暮らした歴代ネコの中でも最大級。
人間でいえば「身長190cm」クラスに相当するかな、と思います。
なので、レオさんと遊んでいると…。
勢い余って、体当たりされたり、引っ掻かれたり。
結構たいへんです(汗)。


レオさん

レオさんの端正な横顔。
やはり、レオさんをモデルにフィギュア作成をしてみたい!
最初は「レオさん&二階堂さん」フィギュア、続いてゲンさん、ハクさん、鉄(てっ)ちゃんたちも…。
と夢はふくらむばかり。
なんて、わたしはいつも「言うだけ」番長ですけれど。

(※当ブログ猫関連記事の総索引です⇒「猫の記事インデックス」)

Amazon : Nikon


投稿者 kihachin : 2014年12月31日 08:00

« 【お知らせ/転載】「フリーターズフリー」第3号(最終号)が発行されました! | メイン | あけましておめでとうございます »



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kihachin.net/klog/mt-tb.cgi/5465