頑張らないトレーニング


      HOME頑張らないトレーニングの目次→風邪の予防法


風邪の予防法

雪景色

【スポンサードリンク】


目次


関連ページ


風邪をひく前に

風邪に負けないようになるためには、もともと身体がもっている免疫力を高める必要があります。

以下、いくつかの項目に分けて免疫力向上の方法を紹介します。


血の巡り(血行)の改善

身体を動かしたり温めたりすることで血行の改善をはかります。

身体を動かす

ウォーキング・ジョギング・自転車・水泳など、日常的に運動をする習慣を身につけましょう。「健康のため」だけに行なうのではなく、運動そのものを楽しむのが長続きのコツだと思います。

日常生活においてこまめに身体を動かすようにします。車で行くところを歩くようにする、エレベーター(エスカレーター)を使わず階段を上り下りする、など。

身体を温める




身体を冷やさない


栄養補給

バランスのとれた栄養補給が大切なことは誰もが知っていますが、それをちゃんと実践できる人は少ないようです(私もあまりできません)。

食べる

まずは美味しく食べることが重要ではないでしょうか。「身体にいい」からといって、味もそっけもないものを生涯にわたって食べ続けることは普通の人には無理ですから。

積極的に料理をして自分のレシピを増やしていきたいと思っています。そして外食・中食(持ち帰りの弁当など)の回数を減らします。外食が多いといつのまにか濃い味付けに慣らされてしまうのが困ります。料理の前段階として、スーパーに行って買い物をするのも楽しみのひとつです。

野菜をたくさん食べてビタミンAを摂る。ニンニク・ニラ・ネギ・ショウガなど「精のつく野菜」、また大根・キャベツ・たまねぎなどの「白い野菜」を食べるようにします。

とうがらしを食べると、白血球の活動が活発になり、ウイルスなどへの抵抗力が高まるそうです。

水分補給

水分補給は重要です。意識的に水を飲むようにします。昼の間は1時間ごとにコップ1杯というように。のどを湿らせるという効果もあります。

サプリメント

栄養素は食物から摂るのが理想的ですが、不足がちなビタミンミネラルは栄養補助食品(サプリメント)を利用するという手もあります。ビタミンACEを中心に摂るようにします。ビタミンAは鼻やのどの粘膜を強化します。ビタミンC・Eには免疫抗体をつくる働きがあります。「ビタミンACE(エース)」と覚えます。

喫煙・飲酒

喫煙を控えるようにします。また過度の飲酒も避けます。

呼吸

新鮮な空気を吸うようにこころがけます。空気は絶対不可欠な重要な栄養素という考え方ができます。なにしろ、われわれは空気がなければたちどころに死んでしまいますから(素人考えですが)。


疲労回復


ウイルス対策


ポジティブ思考

「目標・いきがい」をもつ。笑ったり、冗談をいう。これらを実践することでストレスに強くなれるそうです(ドーパミン・コントロール)。

ストレスは自律神経を弱め、免疫力・抵抗力を低下させてしまいます。しかし「ストレスに強くなろう!」と思って頑張ると、よりストレスがたまるということもあります。ストレスを受け流すようにするのがいいかもしれません。


最後に

以上いろいろな風邪の予防法をあつめてみました。すべての項目を厳守するというのは現実的ではないでしょうけれど、全体としての傾向をくんでいただければと思います。

私自身も「やれることからやってゆく」という姿勢でいます。ウォーキング・手洗い・うがい・乾布摩擦・・・、そしてなによりも美味しく食べることを通じて免疫力を高めてゆこうと考えています。とにかく今シーズンは風邪で寝込まないのが目標です。

(2007-05-06追記。その後、風邪をひく頻度が激減しました。どうも「朝風呂」の習慣がいちばんよくなかったようです。朝風呂に入って、その後に筋力トレーニングをすると、かなりの確率で風邪を引きます(汗)。手洗い・うがいを頻繁に行なうことも風邪予防には大きな効果があることも分かりました)

(喜八 2003-12-22、改訂2012-10-09)

【スポンサードリンク】

関連ページ

    << 風邪を考える  頑張らない目次  風邪の回復法 >> ↑ このページの一番上に戻る  


喜八 e-mail: admin@kihachin.net