■ 頑張らないトレーニング


      HOME頑張らないトレーニングの目次→ウォーク&ジョグ


ウォーク&ジョグ

ウォーキングとジョギング

【スポンサードリンク】

ウォーキングジョギングは一見よく似た運動ですが、使用する筋肉に微妙な違いがあるようです。本格的なランナーになると「ゆっくり歩くよりは速く走る方が楽」という人もいるとか。まあ、私などには関係のない話ですが・・・(笑)。

「頑張らないトレーニング」のウォーキングを始めようでは以下のようなことを書きました。

  1. 距離ではなく時間でトレーニング量を管理する。
  2. 「あと何分?」は禁句。
  3. できるだけ芝生や土の上を歩く。
  4. 「身体のバランス」を崩さないようにする。

ジョギングでも基本はほぼ同じです。ただしウォーキングに比べて、ジョギングでは故障のリスクはずっと高くなります。一説によると走っているとき着地する踵には体重の約3倍の衝撃があるのだとか。

学校を出てからほとんどスポーツをしたことがない人、太り気味の中高年というような人が、いきなり走り始めるのは無謀かもしれません。膝や踵(かかと)を傷めてしまい挫折するケースはとても多いのです。

「やる気はあるのだけれど痛いので走れない・・・」
こうなってしまっては悲しいですね。

ウォーク&ジョグ

できるだけ故障のリスクが少ない方法を採用しましょう。
例えばこんなやり方です。

5分歩いてから5分ゆっくり走る。これを2セット繰り返して合計20分。この際、走る速度は本当にゆっくりで構いません。歩いている人に抜かれるくらいでもよいのです。

長い間にわたって運動不足だった人だと、これでもきつく感じるかもしれません。それでも何週間かこの「ウォーク&ジョグ」を続けていると、最初の頃よりずっと楽に感じてくるでしょう。

身体が慣れてきたら徐々に走る(歩く)時間を増やします。しかし、ここで頑張り過ぎてしまうのは考えものです(この時期、大方の人には「頑張りたい」気持ちが芽生えてきます)。

頑張る人の例。これまで「5分×2=10分」だったものを「10×2=20分」にする。そして次の週には「15×2=30分」、その次の週は「20×2=40分」、更に・・・。こうなるとかなりの確率で、この人は挫折しますよ(笑)。

運動の負荷は、長い期間をかけて、ゆっくりと増やします。

「5分歩いてから5分ゆっくり走る」から「5分歩いてから6分ゆっくり走る」にステップアップ。つまり、1分だけ増やすのです。2セットで計2分の増加です。これくらいなら、特に頑張らなくても自然にできてしまうと思います。

「たった2分なんて・・・」と呆れられてしまうかもしれません。でも、いままで20分だったトレーニング時間が22分になっています。「10%」も向上しているのです!

「でも10%くらいじゃあ・・・」なんて言う人もいるかもしれません。けれども例えば経済成長率が「10%」だったら、これは大変なことですよ。「驚異的」といわれます(笑)。逆に、この低金利時代に「利率10%(以上)」なんて話があったら、「詐欺かな?」と疑った方がよいでしょう。

ウサギと亀

このように小刻みに走る(歩く)時間を増やしていきます。向上のペースは人によって大きく違ってくるでしょう。潜在的な体力のレベルの高い人や若い人なら、無理なくどんどん体力アップできるかもしれません。

しかし体力・気力に乏しい人や中高年の人は臆病なくらいな「ゆっくりペース」で向上していきましょう。

「急成長」にはリスクがともないます。経済の高度成長期には公害などの環境破壊がありました。トレーニングでの弊害は故障です。そして故障が原因でトレーニングを止めてしまうこと。

あせる気持ちを押さえる呪文があります。
「ウサギと亀、ウサギと亀、ウサギと亀・・・。ゆっくりではあるけれど必ず目的地に着くのだ!」
もしかしたら、ゆっくり進む人の方が、より遠い地点に到達できるかもしれませんよ。

(喜八 2002-10-11、改訂2007-11-17)

【スポンサードリンク】

参考ページ


    << フォトウォーキング  頑張らない目次  ランニングの自分史 >> ↑ このページの一番上に戻る  


喜八 e-mail: admin@kihachin.netx