■ 頑張らないトレーニング


      HOME頑張らないトレーニングの目次→フォトウォーキング


フォトウォーキング

ヒデヨシくん(1)

【スポンサードリンク】


フォトウォーキングphotowalking)とは文字通り「写真撮影をしながら歩くこと」。昔から広く行なわれています。ただ、デジタルカメラが主流の時代になってからは「現像費用がかからないので、気楽にどんどん撮影できる」「撮った写真をウェブ(SNS やブログなど)でシェアできる」という利点があります。

これまでわたし(中村順)は「トレーニングが続かない!」という悩みが常にありました。「根気がない」「飽きっぽい」「根性がない」といいますか…(汗)。モチベーションの持続ができない。ウォーキングもまた長期間にわたっては続かなかったのです。

アジサイ(紫陽花)・ハルシャ菊・サンボールなど

ところが。2011年03月11日の東北地方太平洋沖地震以後しばらくしてからのこと。わたしにも心境の変化があったのか、散歩途中で出会った「花」の写真を撮るようになりました。これまで草花を撮影したことなどほとんどなかったのですが…。震災・津波・原発事故という過酷な状況を目の当たりにしたために「いのち」に対して敏感になっていたように思います。

その後「花」に加えて「猫」「犬」「野鳥」「カメ」「ヒト」「景色」の写真撮影を行なうようになりました。そして、ふと気づくと3年以上にわたってウォーキングの習慣が続いています。

にゃんぎらすの三毛さん

片道4km、遠回りコースをとるときは5km。往復で8km〜10km。以前はバス利用していたところを、雨が降らなければほぼ毎日歩きます。もっとも楽しみとしているのは何十箇所かある「猫スポット」です。いつのまにか知り合いの猫さんたちが増え、「今日もまた会えるかな。いい写真が撮れるかな」と期待に胸ふるわせ、歩きます。加えて季節により様々な花に出会えるのも楽しみです。

こうしてみると、以前はウォーキングにしても「運動」という面にばかり意識がいっていたな、と気づきました。ある意味「視野狭窄(しやきょうさく)」を起こしていたのです。平たく言えば「楽しんでいなかった」。これでは何ごとも──わたしのような人間は──続きません。当サイトの題名にもありますように「楽しむ」ことをまず第一にしなければ…。

茶トラの仔猫とスル三毛

ともあれ。ウォーキングの習慣はどうやらこうやら身に着けることができたようです。ただし、ウエイトトレーニング(筋力トレーニング)はここ何年かはサボってばかりですが…。筋トレの「モチベーションの維持」をいかんせん? と、ただいま思案中です。

ごく最近気づいたのは SATO さん、BIG TOE さんの SNS を見ていると「筋トレがやりたい!」という意欲がフツフツと沸いてくることです。というわけで、自宅でのダンベル・トレーニングを再開しました。お2人にはまたお世話になり、ウエイトトレーニングを楽しんでいきたいと思います。

アオサギとカメ


(喜八=中村順 2013-09-11)


【スポンサードリンク】


関連ページ


    << 水中ウォーミング  頑張らない目次  ウォーク&ジョグ >> ↑ このページの一番上に戻る  


喜八 e-mail: kihachin7@gmail.com