■ 頑張らないトレーニング


      HOME頑張らないトレーニングの目次→水中ウォーキング


水中ウォーキング

プールの水

【スポンサードリンク】

水中ウォーキングアクアフィットネスまたはアクアエクササイズなどと呼ばれる運動群のうちの一種目です。その名の示すように水中(おもにプール)で泳がずに歩くことです。

このごろはプールに行くと泳ぐ人より歩く人のほうが多いことが珍しくありません。ウォーキング専用のコースを設けている施設も増えてきました。

目次

水中ウォーキングの利点

水の中では体重が軽くなるので、運動時に下肢(かし)にかかる衝撃が大幅に軽減されます。そのため足や膝を故障している人、肥満気味の人、あるいは運動不足の人に向いた運動であるといえます。リハビリテーションに適した運動ともいえるでしょう。

個人的な体験をいうと、私(喜八=中村順)はウエイトトレーニングバーベル・スクワットで無理をして膝を傷めたとき、もっぱら水中ウォーキングをやっていました。一時は膝の痛みが激しく階段を下りるのも一苦労なほどだったので、水中ウォーキング以外の有酸素運動はできませんでした。

水中ウォーキングそのものも怪我や故障を起こすことの少ない運動といわれています。その意味では妊婦・幼児・高齢者・障害のある人なども比較的安全に行なうことができるエクササイズです(ただし、後述するように注意すべき点もあります)。

屋内プールでは天候の影響を受けることなく、1年中エクササイズを行なうことができます。雨天時・降雪時・猛暑や酷寒の時も気軽に身体を動かすことができます。近年は夏の猛暑が問題となっていますが、暑さのために戸外でのウォーキング(ジョギング)をやる気がしないときは水中ウォーキングがおすすめです。

さらには水に入ることで自律神経系の強化を行なうことができるそうです。つまり水中ウォーキングによってストレスに強くなることができるのです。

水泳に比べた場合の水中ウォーキングの利点も考えてみました。

水中ウォーキングは顔(頭)を水につけずに行なうことができます。つまり髪の毛を濡らさずに済みます。プールの水を消毒している塩素で髪が痛むということがありません。とくにロングヘアの女性はプールから上がって後の髪の手入れが大変だと聞きますので、水泳よりは負担が少ないでしょう。

顔を水につけないのであれば水中ゴーグルが不要になります。水中ゴーグルは顔に跡が残るので、女性の中にはそれを嫌う人もいるようです。

注意点

前進するときの水圧で上半身をあおられて、腰を傷めることがあります。腰痛をおこしやすい人は注意が必要です。水の中では前傾姿勢をとり、腹筋を緊張させておくことが腰痛予防になります。後述する「後ろ向き歩き」を積極的に採用するのもいいでしょう。

水中ウォーキングや水泳で長時間プールに入っていると皮下脂肪を増やす結果になるのではないか? という説があります。これに関しては異論もありますが、少なくとも水中での運動が陸上の運動に比べてダイエット(減量)の際に有利だとは考えにくいと思います。

各種の歩き方

水中では重力が低減するという特質などを利用して、普通に前進歩行する以外のバリエーション・ウォーキングを行なうことができます。以下にいくつか例を挙げます。

後ろ向き歩き
後ろを向いて歩くことです。普段は使わない身体の裏側の筋肉を鍛えることができます。また腰痛の予防にもなります。

フロントランジ歩き
ウエイトトレーニングでフロントランジを行なう際のように一歩一歩を大きく踏み出して歩きます。陸上ではかなりの筋力の持ち主でないとできない歩き方ですが、水中では比較的容易に行なえます。現在注目されている「大腰筋」を鍛えることもできそうです。

キック・ウォーク
一歩ごとに空手の前蹴りのように足を蹴りだして歩きます。足の筋肉の強化が期待できます。整体効果もありそうです。バリエーションとして「後ろ蹴り歩き」もあります。ただし間違えて他の人を蹴らないように・・・。

ジャンプ・ウォーク
水中で跳ねながら歩きます。陸上でおなじことをしたら大きな衝撃が下肢にかかりますが、水中なら衝撃が大幅に低減されます。

ナンバ歩き
ナンバ」とは右手と右足・左手と左足というように同じ側の手足を同時に前にだす歩き方(走り方)です。ナンバの効果に関しては諸説があり、評価が定まっているとはいえませんが、水中ウォーキングのバリエーションのひとつとして楽しむぶんには問題はないでしょう。

最後に

個人的には水中ウォーキングで一番いいのは解放感がありストレス解消につながることだと思っています。正直なところをいえば、プールで水着姿の女性を見るのもいいですね(笑)。上に挙げた各種のウォーキングだけでなく、スイミング・水中ストレッチ・蹴伸び・潜水なども取り入れてアクアエクササイズを楽しんでいます。

(喜八=中村順 2004-08-28、改訂2012-08-05)

【スポンサードリンク】

関連ページ


    << 雨の日のウォーキングと有酸素運動  頑張らない目次  フォトウォーキング >> ↑ このページの一番上に戻る  


喜八 e-mail: admin@kihachin.net