■ 頑張らないトレーニング


      HOME頑張らないトレーニングの目次→現在のウエイトトレーニング2005


現在のウエイトトレーニング (2005-12-26)

ジムの移籍

2005年は前半(7月末日迄)と後半(8月以降)で筋力トレーニングの内容が一変しました。これまで利用していたジムが改修工事のため、2006年3月いっぱいまで休業となったからです。それで市内の別のジムに移籍(?)することとなりました。ちなみにどちらのジムも公共施設です。

前半(1〜7月)」
フリーウエイト中心でした。

スクワットとベンチプレスの2種目を中心にトレーニング・メニューを組んできました(ともにバーベルを使用)。 もっとも好きな種目はバーベル・スクワット。 最近になってベンチプレスの楽しさもようやく分かるようになってきました。

後半(8〜12月」
マシン種目が中心となります。

新しいジムはフリーウエイト器具がきわめて少ないのです。バーベルはなくて、ダンベルも20kg までしかありません。
レッグプレス、チェストプレス、ロワーバック(下背)の3種目を中心としています。バーベル・スクワットができないのが淋しいですね。ときどきスクワットをやっている夢をみます(笑)。

【スポンサードリンク】

筋トレ器具・ダンベル・バーベル販売

ジムの雰囲気の違い

以前のジム
ボクシングや空手などの格闘技家・ボディビルダー・筋トレマニアなど、利用者がいかつい男性ばかりでした。トレーニング中は極度に集中している人が多く、ピリピリとした雰囲気。大声をだして気合を入れたり、うなったりする人も少なからずいて(私にとっては)居心地のいいジムでした。

現在のジム
健康管理のための方が多いようです。女性利用者も結構います。ただし、中にはかなりの筋力の持ち主もいます。大声をだすのは(おそらく)禁止行為でしょう。私も以前とは打って変わって静かにトレーニングを行なっています。ただし、自己ベスト更新のときなどは「うぐぐぐぐ」とうなり声をだすこともあります。その際は周囲の人やインストラクターさんに「うるさくてすみません」と謝るようにしています。

トレーニングの頻度

前半(1〜7月)は「週に1回」でした。
後半(8〜12月)は「5日に1回」となりました。
フリーウエイトよりマシンのほうが身体への負担が軽く感じられるため、練習頻度を少しだけアップしました。

サイクルトレーニング

約2ヵ月間を1サイクルとするサイクルトレーニングを実施しています。ベンチプレスとチェストプレスでは2ヵ月間に2回サイクルをまわすこともあります。サイクルトレーニングに関しては当サイト内に以下の関連記事があります。

 サイクルトレーニング Q&A

50レップ法

ベンチプレッサーの天野さんに教えてもらった「50レップ法」を導入しました。軽めのウエイトを使用して連続して50レップを行なう方法です。ギリギリの重量設定だと相当に苦しいトレーニングになります。

ベンチプレスやチェストプレスでは50レップ法と10レップ法を、トレーニング日ごとに交互に行なっています。この多レップ法を取り入れてからベンチプレスの調子がよくなりました。そこで現在ではラットマシンにも採用しています。

チューブトレーニング

ゴム・チューブを使用するトレーニングを始めました。
友人の山田豊治さんが執筆した電子ブック『チューブトレーニング』を参考書にしています。

ローターテーカフその他の肩や腕、内転筋の種目が中心です。低負荷で「気持ちいい」くらいの動作をこころがけ、細かい筋肉に刺激を与えるように行なっています。チューブを使った自己流のストレッチもやっています。チューブトレーニングに関しては当サイト内に以下の関連記事があります。

 チューブトレーニング

腰痛

12月4日にを傷めてしまい、しばらくのあいだ筋トレは自粛していました。12月13日になってようやくジムワークを復活しました。腹筋運動とストレッチをサボった報いでしょうか? おそらく生活習慣のなかに腰痛を引き起こす原因があるのでしょう。これを「いい機会」として腰痛予防・回復の研究にはげみたいと思っています。

(喜八 2005-12-26)

【スポンサードリンク】


    << 風邪の回復法  頑張らない目次  2004のトレーニング >> ↑ このページの一番上に戻る  


喜八 e-mail: admin@kihachin.net