■ SATO道場


      HOMESATO道場の目次→サプリメントと栄養素


サプリメントと栄養素

最近、ウエイトトレーニング(筋力トレーニング)前にクエン酸と蜂蜜を混ぜた水を飲んでいます。
日本薬局方のクエン酸は安いですからね。500g で1300円位です。これで1年は持ちそうです。
「クエン酸の原末(げんまつ)を下さい」と、薬局で言えば殆ど何処でも購入できると思います。
酸っぱいけれど、ポカリスエットに混ぜると飲みやすいですね。

クエン酸の服用量に関して言うと、私なら1日3回食後に1g を基本とします(サプリメントは人により必要度が違います)。
その時に身体がサプリメントを必要とするならですが。

ついでに書いておきますと、ビタミンCの原末はアスコルビン酸です。
ビタミンC系の飲料にはこれが使われています。
価格的にはクエン酸と同額くらいです。
ビタミンC製品を買うなら、アスコルビン酸は絶対にお勧めです。

クエン酸 500g 日本薬局方 クエン酸 500g
発売元:健栄製薬
    ビタミンC末「クニヒロ」 500g    ビタミンC末「クニヒロ」500g
製造販売元 皇漢堂薬品

それでもサプリメントに1ヵ月5000円は使うようになって来ました。
コンテストビルダーとしては安いでしょう?
プロテインも製造元から安く買っています(笑)。

年間をトータルすると、一般の方より私(SATO)の方がサプリメント代は安上がりでは?
私の場合、食事が不規則あるいは食べれない時がありますが、サプリメント使用は必要最小限度です(減量中や忙しくて疲労した時にサプリメントを使用しています)。トレーニング時間も少ないですし・・・。

ところで皆さんはご自分の食事のカロリーやたんぱく質量はどれだけ摂っているか自分で計算できますか?

カロリーやたんぱく質量の計算」に関しては、トレーニングキャリアが長くなると後輩から聞かれると思います。少し説明致しましょう。

先に「食品成分表」は絶対に必要ですので購入を(笑)。
(食品成分表は書籍です。女子栄養大学出版部など各社から発売されています。)

オンライン書店ビーケーワン:五訂増補食品成分表 2006     『五訂増補食品成分表 2006』
女子栄養大学出版部 (bk1)


  Amazon で購入
  楽天で購入

カロリー計算は簡単です。
たんぱく質と炭水化物は1g で4カロリー、脂質は1g で9カロリーです。
ある食品にたんぱく質、炭水化物、脂質が何グラムあるか分かれば、その数字に掛けて足していくだけです。

カロリー計算は簡単ですが、食品成分表を見ないでたんぱく質、炭水化物、脂質がどれくらいあるか分かるようになる必要があります。

1ヵ月ほど食品成分表を見て計算していくと、同種の食品は同じ様な成分である事が分かります。
すると知らない食品でも、同じ様な食品から類推して計算すると、大まかには正解がでます。
食品成分表の本を買う場合には自分が調べたい食品が掲載されているものを選びましょう。

また、100g のうち各栄養素が何%かという表示がされている場合、食品の本来の重さを知る必要があります。
10g しか食べない物なのに、100g 表示をもとにして計算していたら、頭が混乱する時がありますから。

(SATO 2004-02-15、改訂2006-12-01)

【スポンサードリンク】


    << 柔軟性とストレッチング  SATO道場目次  拒食症(摂食障害) >> ↑ 上に戻る  


SATO e-mail: kinniku@mail6.alpha-net.ne.jp