■ SATO道場


      HOMESATO道場の目次→サムレスグリップ


サムレスグリップ

SATO(ボディビル・コンテスト出場)

以前、私(SATO)がもっていた掲示板につぎのような質問がきたことがあります。
(質問者の方の了解を得て公開します。)

「インクラインのバーベル・ベンチプレスをサムレスグリップでやっている人がいました。
ちょっと危ないんじゃないかと私は思ったのですが・・・。
SATO さんはどう思われますか?」

これに対して以下のように回答しました。

ベンチプレスでのサムレスグリップですが、私個人的には初心者は使用しない方が良いと思います。
バーベルを胸や顔に落として事故となる可能性が大きいですから。

普段と違う刺激が欲しい場合に、私もサムレスグリップを使用することがあります。
その時の使用重量は軽めに設定します。
軽いが故にあぶない場合もありますが。(笑)

【スポンサードリンク】

ダンベル・バーベル・筋トレ用品

慣れてくるとウエイトが重くてもサムレスグリップにした方が良いと言う意見もあります。
トレーニングの目的によってですが、本人がリスクを負う事を承知なら仕方ないですね。

知り合いで150kg のベンチプレスをサムレスグリップでしている人もいます。
いやサムレスでしか出来ないのです。(笑)
本人はその方が怖くないそうです。
見ている方が怖い!(笑)

私のこの回答に対して、また別の人が意見を寄せてくれました。
ボディビルのチャンピオンにもなっているベテランの方です。

「私はベンチプレス、インクライン、バックプレスすべてサムレスグリップです。
そのほうが、胸、三角筋に集中しやすいからです。
危ないと感じたことは今のところないですね」

そこで私はつぎのように返信しました。

サムレスグリップは集中出来る位の重量が自分でちゃんと分る人には良いですね。

ただベテランの方がサムレスグリップをしているからといって、単純に真似をするビギナーがいるので怖いです。
最高重量に兆戦する時などは初心者はしない方が良いですね。

ウエイトトレーニング技術に関しては万人に一致する答えが無いので難しくもあり、面白くもありです。(笑)
自分自身のやり方に自信を持つ事も大きくなる秘訣かもです。

(SATO 2004-06-21)

【スポンサードリンク】

関連ページ


    << パンプアップ  SATO道場目次  筋肉量と使用重量 >> ↑ このページの一番上に戻る  


SATO e-mail: kinniku@mail6.alpha-net.ne.jp