■ SATO道場


      HOMESATO道場の目次→筋力トレーニングと少年


筋力トレーニングと少年

父と子でベンチプレス

左の写真は私(SATO)と長男の親子練習風景です。
撮影当時高校1年だった長男もいまでは親より背が大きくなりました・・・。

【スポンサードリンク】


12〜3歳くらいの少年からウエイトトレーニング(筋力トレーニング)の相談をうけることがあります。
筋肉をつけるためのトレーニングをやりたいのですが、まわりの人からは『まだやらないほうがいい』といわれます。本当にその通りなのでしょうか?」といった質問が多いようです。

以下の文章は「筋肉をつけたい」という少年(少女)へのアドバイスです(持久力やパワーをメインにする場合は異なってきます)。

ウエイトトレーニングをしたいというなら仕方がない。
許しましょう!(笑)
ただし以下の点には注意してください。

最低限これだけは守ってください!

【スポンサードリンク】

ダンベル・バーベル・筋トレ器具

さて目標とする筋肉はどれくらいでしょうか?
水泳選手・野球選手・プロレスラー・相撲取り・ボディビルダー?
目標によりトレーニング方法も違います(ウエイトトレーニング以外の運動でも時間は掛かりますが筋肉は発達します)。

相撲取りで子供の頃にバーベル、ダンベルを使用しない筋力トレーニングを実施している方は多くおります。
が、可動範囲の広いトレーニング法は採っていないようです。

ちなみに私の息子も12〜3歳のころ、親子で一緒にウエイトトレーニングを楽しんでいました。
身長も今では私より7センチ近くも大きくなっています。

ただし可動範囲は無理のない範囲でしましょう。
また、伸展するとき脱力しない様にして下さい。故障の原因になります。

ローティーンの場合は年齢から考えると大人と同じ内容のウエイトトレーニングはしない方がよいと思われます。
筋肉やホルモンの変化よりも骨自体がまだでき上がっていません。
特に関節部分などが故障する可能性が大です。

トレーニングによってどれだけ筋肉が大きくなるかどうかは、現時点でのホルモンや食事の摂り方も関係してきます。
また一人で無茶なウエイトトレーニングをすると、筋肉の発達がないだけでなく身体を痛めてしまいますので、注意が必要です。

(SATO 2005-04-14、改訂2007-11-17)

【スポンサードリンク】

関連ページ


    << トレーニングと女性  SATO道場目次  太りたい! >> ↑ このページの一番上に戻る  


SATO e-mail: kinniku@mail6.alpha-net.ne.jp