■ 「ウエイトトレーニングを楽しむ」対談


      HOME対談の目次→SATO式ダイエット(3)


SATO式ダイエット(3)

SATO(ボディビル・コンテスト出場)

ポイント

(喜八)実際にダイエット(減量)に成功したという人の例を教えていただきたいのです。そこから学ぶものが必ずあるはずだと思いますので。

(SATO)分かりました。私が指導した3人の女性の例を「プロフィール」「方針」「トレーニング・メニュー」「結果」と項目を立てて解説します。


【スポンサードリンク】



対談

(喜八)これまで SATO さんがダイエット減量)指導をした方のうち、成功例を教えていただけないでしょうか? やはり具体的な成功のイメージがはっきりしているほうが「やる気がでる!」という方が多いと思いますので。

(SATO)それでは実際に減量に成功した3人の方の例を以下に挙げます(3人とも女性です)。

看護師Nさん

プロフィール
26歳。身長160cm、体重70kg。体型はがっちり型。子供の頃から力が強く筋肉質。
看護師という忙しい職業に従事しているためか間食が増え、体脂肪も増えてしまったそうです。
さん本人の目標「筋肉より脂肪を減らしたい」。

方針
トレーニング中心の減量を試みました。
ウエイトトレーニングと有酸素運動を組み合わせた「SATO式スーパーセット法」を採用して、1回1時間のジムワークを1週間に2〜3回のペースで実施。

トレーニング・メニュー
胸の筋力トレーニング種目(ベンチプレスやダンベルフライ、バタフライ・マシンなど)を10レップ行なった直後にバーピー(Burpee)を30回。これを3セット繰り返します。

バーピー(Burpee)」について解説しておきます。これはアメリカの R. H. Burpee によって開発された全身運動です。具体的には次のような動作を繰り返します。
・立位(気をつけの姿勢)をとります。
・次に膝を曲げながら両手を床につけます。
・そのまま両足をうしろに投げだします(腕立て伏せの準備姿勢)。
・ここから両足をお腹くらいに戻し、立ち上がります(元の立位に戻る)。

背中の種目(ラットマシン・プルダウンなど)を10レップ、続けてウォーキングマシンを速足で3分。これを3セット。
腹筋も同様に有酸素運動とのSATO式スーパーセット法。

結果
3ヵ月後、体重が10kg 減って60kg になりました。
当時は一般の人が使える体脂肪計がなかったので計測はできませんでしたが、体脂肪が大きく減ったのは外見からもよく分かりました。
ダイエット成功後のさんのレオタード姿は現役スポーツ選手と見間違えるくらい颯爽としたものでした。

栄養士Dさん

プロフィール
24歳。身長165cm、推定体重70kg 台(教えてくれない)。体型はぽっちゃり型。
栄養士という職業柄、他人には栄養指導しているのだけれど、自分では適切な食事を実践できない」とのことでした。

方針
1日のカロリー摂取を1500kcal にしました。
管理はさん本人に任せましたが、厳密には守りきれなかったようです。
トレーニング法は前述のさんと同じウエイトトレーニングと有酸素運動を組み合わせた「スーパーセット法」を採用。
ジム通いの頻度は「週3回」ほどでした。
途中からさらにエアロバイク(固定自転車漕ぎ)も追加しました。 さんは体力があり、運動自体が好きだったようで自ら追加依頼があったのです。いつも気持ちよく汗をかいていました。

結果
半年で10kg の減量に成功。
筋肉を少しつけることで、食事を極端に減らさなくても、マイペースで減量に成功した例です。
ジムに通うことで間食が減ったのも良かったようです。
さんは独身だったのでダイエット食も家族に気兼ねなくできました。
家族がいると大変だったでしょう。
1ヵ月で1.5kg ずつ減っていたため、毎日見ている人には大きく変化しているとは感じられませんでしたが、写真で比較すると驚くほど変化していました。レオタードがよく似合う身体になりました。
楽しみながら続けることでジムでの友人も多くなったようでした。

専業主婦Hさん

プロフィール
50歳。身長150cm、体重65kg。体型は固太りプラス脂肪上乗せ型。
20年ぶりの同窓会があるためダイエット(減量)を決意。

方針
減食とトレーニングによる減量を試みました。
食事の内容は、朝と昼は「牛乳とプロテイン・パウダーを混ぜたもの」やコーヒーなどの水分が中心、夜は家族と同様の食事。
さんの場合はスーパーセット法によるトレーニングを週4回実施しました(短期決戦だったため)。

結果
3ヵ月で15kg 減量して体重50kg に。
ご家族がいらっしゃったので食事制限は大変だったらしいです。
食事を作って見てるだけということも多く、自分は我慢していないといけないですから。
それでもさんには「久しぶりの同窓会で細い自分を見せたい!」という強い動機があったため、短期間での減量に成功しました。
家からジムの距離が近いのも良かったですね。
私が指導している間は体重維持をされていましたが、その後は? ちょっと心配です。

(喜八)なるほど。適切な食事と適度の運動(トレーニング)の組み合わせがダイエットには大きな効果があるということですね。それでは次回は「なぜ3人の方はダイエットに成功したのか?」ということを厳しく(笑)追及していきたいと思います(「SATO式ダイエット(4)」に続く)。

(SATO、喜八 2005-06-30)

【スポンサードリンク】

参考ページ


    << SATO式ダイエット(2)   対談の目次  SATO式ダイエット(4) >> ↑ このページの一番上に戻る  


SATO e-mail: kinniku@mail6.alpha-net.ne.jp
喜八 e-mail: admin@kihachin.net